個人輸入をする際の注意点とは?

インターネットで気軽に個人輸入してみよう!

個人輸入をする際の心構え

海外から個人輸入するメリットとデメリット

今やインターネットを通じて、国内のみならず海外の商品も手軽に購入できます。
一昔前では、国内のオンラインショッピングすら考えられませんでしたが、海外のものまで、購入できるのはかなり魅力です。
それも、国内ではなかなか目にすることのない商品や手に入りづらいブランド品までたくさんあり、人と被らず、且つ国内より格安に自分好みのものを手に入れられるのもポイントです。
何よりも直接海外へ行くことなく、家に届くのも便利です。
しかし、輸入ならではのデメリットもあります。
商品を直接見たり、試着したりはできないため、実際に想像していた色と違った、サイズが合わない、なんてことも。
ポイントとしては、低価格なものからチャレンジし、試着が必要なものは避けることです。

海外通販を利用する前に知っておこう

事前に把握しておきたいポイントをいくつか紹介します。
海外通販では、金額や目的に応じて、商品代金以外に送料、関税、消費税がかかります。
また、輸入可能商品であるか否かを知ることが重要です。
何も知らずに輸入すると、輸入禁止商品は税関で没収される場合もあり、その場合はもちろん、商品代金は戻ってきませんので全てが「自己責任」ということになります。
また、自分自身が後々後悔しないためには、購入先のショップが信頼できるところかどうかの見極めも必要です。
特に中国系は安いのがウリですが、購入したのに商品が届かず、連絡も取れない、偽物が届いたなんてこともあるので、口コミだけでなく、支払方法や連絡先、所在地等もしっかり調べましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る