個人輸入をする際の注意点とは?

インターネットで気軽に個人輸入してみよう!

個人輸入をする際の心構え

通常、日本でも買い物をするときに「消費税」がかかります。 しかし、海外通販は、この消費税以外にも「関税」と呼ばれる税金がかかり、関税の金額は、どの国から輸入するかによって異なります。 一見、商品代金が安くても、それ以外に消費税、送料、関税がかかることを忘れないようにしましょう。

注意!商品代金以外にもかかるお金がある

「個人輸入」と聞くと、難しそうですが、インターネットを通じて海外販売店の商品を購入することも個人輸入となり、今では私たちにとってかなり身近なものと言えます。
国内のみならず、海外の商品もインターネットで閲覧、購入できるようになり、現地に行くことなく、手軽に購入できる点で多くの方が利用しているのではないでしょうか?
しかし、直接販売店に行き、見たり試着して購入する場合と違い、色、サイズ、質感などは自分の思っていたものと違った…と後悔することも多いようです。
販売店に出向くことなく購入できるメリットもありますが、せっかくお金を払って購入したものの気に入らず、使用しないなんてことにならないよう注意も必要です。
また、国内で商品購入する場合よりも、断然多いのが、商品受取や支払い時のトラブルです。
最悪の場合、「支払したのに商品が届かない」「お店に連絡しても返事が無い、繋がらない」などで泣き寝入りを強いられるケースもあります。
海外通販を利用する際は、支払方法をチェックしましょう。
クレジットカード払いの場合は、即決決済できるメリットと共に、「ショッピング保険」が付いていることが大きなポイントです。
上記のような商品未着、商品破損等があった場合もその代金は補償されます。
逆に、クレジットカード払い、ペイパル以外の支払い方法(海外送金など)しかやっていないところは注意が必要です。
個人輸入は、手軽である反面、販売店の事前調査や個人輸入に対して自らの知識習得も必要なことを覚えておきましょう。
「個人輸入」をする場合、輸入前に確認しておくべきこと、輸入の際に注意すること、に加え、しっかりと個人輸入の際のルールを確認しておく必要があります。

知らないと脱税行為になることも!

個人輸入の場合、目的が個人的に使用するものなのか、商売として使用するものなのかをハッキリさせておく必要があります。 なぜならば、この2つには、課税価格の計算方法の違いと適用される法律が明確に異なるからです。 万一、個人使用目的として輸入した物を転売した場合、それは違法となります。

購入後に後悔しないための必勝と対策

海外から輸入する場合、商品はちゃんと届くか?サイズや色など間違ったものが届いてしまったらどうしたらよいか?など不安はたくさんあります。 購入後、万一のトラブルに巻き込まれて、泣き寝入りして終わらないためにも、しっかりと知識をつけ、楽しく買い物ができるようにしましょう。

TOPへ戻る